平屋の外観にこだわりたい方へ、片流れ屋根の魅力をお伝えします!

近年幅広い世代からの人気を集めている平屋ですが、そのデザインのシンプルさに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
これからも長く過ごしていく住宅は、機能面だけでなくデザインにもこだわりたいですよね。
そんな方々におすすめしたいのが、片流れ屋根です。

今回は、片流れ屋根の魅力と、施工時のポイントを解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

 

□平屋の片流れ屋根の特徴とその魅力をご紹介!

片流れ屋根は、一面だけ屋根が傾斜したものです。
建物全体をスッキリとした印象に魅せるため、モダン建築では非常に高い人気を誇っています。
片流れ屋根の魅力はその外見だけでなく、屋根の形状や角度を変化させることにより、小屋裏の活用や縦に開放的なリビングなど、室内にも様々な効果を演出できます。

さらに、太陽光発電パネルを多く搭載できるというメリットもあります。
省エネルギーについても考える必要があるこれからの住宅として、ふさわしいといえるのではないでしょうか。

 

□片流れ屋根施工時のポイントとは?

様々なメリットのある片流れ屋根ですが、そのメリットを生かすためには注意しなければならないポイントがいくつかあります。
ここからは、そのポイントを3点紹介します。

 

*雨漏り対策をきちんと行う

片流れ屋根は一般的な屋根と比較してその形状が複雑であるため雨漏りしやすくなります。
施工時にきちんと雨水の流れる道を作ってあげること、防水対策を施すことが必要です。
信頼できる業者へ依頼しましょう。

 

*屋根の向きや角度に注意する

平屋の場合、そこまで建物自体の高さが出ることはありませんが、南向きの片流れ屋根は屋根勾配を急にすると、北側の住居の日陰が多くなるため日照面でトラブルとなる可能性があります。
さらに、住宅が隣家と接している場合、落雪に注意する必要があります。
片流れ屋根の一面の雪が滑り落ちることで威力を持ち、隣家の車や庭の植栽、塀などを壊すことがありうるからです。
特に、隣家との距離が近い場合には注意しましょう。

 

*日照度、日照時間を確認する

そもそも平屋は、高さが低いため周辺の建物の日陰となりやすいです。
快適に生活するためにも、どれくらい光を取り入れられるのかを施行前にきちんと確認しましょう。
さらに太陽光パネルを設置する場合には、冬でも日陰にならないことを確認する必要があります。

 

□まとめ

今回は、片流れ屋根の魅力と、施工時のポイントを解説しました。
本記事を読んだ多くの方に、片流れ屋根の魅力が伝わっていたら嬉しいです。
当社は、家族が笑顔でいられる為の家作りを行っている工務店です。
長野市周辺で片流れ屋根の平屋をご希望の方は、ぜひ当社にお任せください。