注文住宅のトイレに収納は必要!収納の種類についてもご紹介します!

注文住宅は、賃貸住宅よりも購入者の好みを取り入れやすいのが強みですよね。
しかし、リビングやキッキンといった大きな部分はじっくり考える方が多いですが、トイレは意外とおざなりにされることが多いです。
今回は、そんな注文住宅のトイレに収納は必要なのか、トイレ収納にはどんな種類があるのかをご紹介します。

 

□トイレに収納は必要?

さっそく今回の趣旨に入りますが、皆さんはトイレに収納は必要だと思いますか。
「トイレの空間が狭くなるからいらない」とお考えの方もいるでしょう。
しかし、トイレに収納を設けることで、様々なメリットを享受できます。
では、そんなトイレ収納が必要である背景を2つご紹介します。

 

*生活感をなくせる

まず、トイレ収納はトイレの生活感をなくすのに役立ちます。
収納がないと、トイレットペーパーのストックが丸見えになってしまいますよね。
「そんなの気にしない」という方もいらっしゃるかと思いますが、しっかりとした収納がないとホコリが溜まってしまい不衛生という問題もあります。
そのため、トイレに収納を設けることは、見た目と衛生面の両方でメリットがあると言えるでしょう。

 

*トイレをより快適に使用できる

また、トイレをさらに快適にできるという点で、収納は役立ちます。
トイレは、家の中でも特に掃除が必要な場所の1つです。
もし収納を設置していなければ、トイレットペーパーや生理用品などのストックがあちこちに散らかりかねません。
そうなってしまうと、掃除する際に大変ですよね。
こういった瞬間にも、トイレ収納のありがたさを実感するでしょう。

 

□トイレの収納の種類をご紹介!

ここまで、トイレ収納の必要性についてご説明しました。
では次に、トイレ収納の種類について見ていきましょう。
トイレ収納には、天袋収納、コーナー収納、キャビネット収納、そして造作収納の4種類があります。

天袋収納は、よく見られる収納タイプの1つです。
横に長く設置できるため、多くのストックを収納できるでしょう。
ただし、高い場所に設置するため、使い勝手がよくないと感じる人もいるかもしれません。

コーナー収納は、低い場所に設置できるため、取り出しやすいというメリットがあります。
そこまで多くのストックを収納できませんが、狭いトイレには最適と言えるでしょう。

キャビネット収納は、大容量の収納で、大きめの品物も収納できます。
しかし、広いトイレにしか設置できないので、適していないご自宅もあります。

造作収納は、上記の3つとは異なり、オリジナルで作る収納です。
もちろん、それだけコストはかかってしまいますが、他にはない斬新なデザインを取り入れられますよ。

 

□まとめ

今回は、トイレ収納の必要性について詳しくご紹介しました。
ご説明した通り、快適な住まいの実現にはトイレの収納が不可欠です。
トイレの設備やデザインにこだわりが少ない方でも、収納だけは設置しておくことをおすすめします。
長野市周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。