家づくりの際の近隣挨拶はいつ行けばいいの?近隣挨拶におすすめの品物もご紹介!

無事住宅を購入し安心かと思いきや、その後も家具の購入や近所づきあいなど、悩みは尽きませんよね。
そこで今回は、家づくりの際の近隣挨拶について解説します。
最後におすすめの品物も紹介するので、皆様のお悩みを少しでも軽減できたら嬉しいです。
ぜひ最後までご覧ください。

 

□家づくり時の近隣挨拶に最適な時期とは?

新築の挨拶回りは、工事の着手前と引っ越し時の2回行くことが一般的です。

工事着手前の挨拶の目的は、工事の騒音や工事車両など迷惑をかけることのお詫びやこれからお付き合いしていく旨を伝えることです。
地鎮祭当日、住宅会社と一緒に挨拶文と粗品を持って回ることが多いです。

引っ越し時の挨拶は荷物の搬入が一段落したタイミングで行います。
今後近所と良好な関係を築いていくためにも、なるべく早く挨拶回りをするようにしましょう。
挨拶内容としては、工事に伴いご迷惑をおかけしたことへの謝罪と簡単な自己紹介、今後の付き合いのお願いなどを含むと良いでしょう。

 

□近隣挨拶におすすめの品物をご紹介します!

挨拶回りに持参する粗品は、あまりにも高価であるものや、形として残るものは避けた方が良いでしょう。
日常生活で使えるもの、さりげないものを用意するのがおすすめです。
ここからは、その具体例について1つずつ紹介していきます。

1つ目はタオルです。
こちらは定番の粗品であるといえます。
実際に受け取ったことのある方も多いのではないでしょうか。
タオルは日常生活のさまざまな場面で使用可能であり、受け取って困るということはまずありません。

2つ目は衣料用洗濯洗剤です。
こちらも日常生活で使えるものであり、形に残らないので挨拶回り時の粗品としてはおすすめです。
ただし香りが強いと使う人を選ぶので、あまり香りが強くないものを選ぶのが良いでしょう。

3つ目は石鹸やハンドソープです。
特に近年はコロナウイルスの蔓延に伴いハンドソープの需要が高まりました。
夏はさっぱりした洗い上がりのもの、冬は保湿性が高いもの等、季節に合わせて選んだらより喜ばれるでしょう。

 

□まとめ

今回は、家づくりの際の近隣挨拶と、挨拶回りにおすすめの品物をご紹介しました。
当記事が、家づくりの際の近隣挨拶に悩む多くの方の参考になれば嬉しいです。
当社は、長野市周辺で家族が笑顔でいられる為の家作りを行っています。
当記事内での不明点やこれから注文住宅を建築される方の相談等、お気軽にお問い合わせください。