注文住宅は何から始めるべき?進め方と失敗しないためのポイントを解説!

新築の購入にはワクワクすることがたくさんありますが、やらなければならないことが多いのも事実。
そのため、不安や戸惑いを感じていらっしゃる方も多いでしょう。
今回は、そんな方々のために家づくりの進め方、そして失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

□何から始める?家づくりの進め方を解説!

では、早速家づくりの進め方について見ていきましょう。

最初に行うべきは「予算設定」です。
この予算設定をきっちり行っていないと、途中で計画の変更をしてしまい、スケジュールが後倒しになる可能性があります。

次に、理想の住まいのイメージを明確にし、ハウスメーカーや工務店に関する情報収集を行います。
その後、いくつかの業者に見積もり依頼をし、より条件の合う業者を選定しましょう。

依頼する業者が決定した後は、間取りや取り付ける設備などを決定し、業者とのイメージのすり合わせを行います。
また、ご自身の経済状況や見積もり金額から住宅ローンの借入金額についても考えましょう。
借入金額を決定後、申請を行います。

これらの手続き完了後、着工となります。
施工完了後、確認と引き渡しを経て全ての工程が終了です。
住宅購入の計画を立ててから住めるよになるまでの期間は、業者によっても異なりますが、半年から10ヶ月ほどは見ておくと良いでしょう。

 

□家づくりで失敗しないためにはここに注意!

前節では、家づくりの流れをステップ毎にご紹介しました。
ここからは、そんな家づくりで失敗しないための注意点をご紹介します。
家づくりで成功するために最も重要なステップは「最初のイメージ」です。
最初にどのような住宅を建てたいのか、理想の住まいはどのようなものかを具体的にしておきましょう。
また、条件の合う土地が見つかった時に、同時に資金計画や業者の選定をきっちり行えるかが鍵です。

これを実行できると、住宅にかける予算が明確になり、また施工完了までの期間を縮小できるでしょう。

ただし、資金計画や業者選びといっても、初めて住宅を購入される方は特に「何をすれば良いのか分からない」と感じるでしょう。
そんな時に、相談できるパートナーが重要となります。
建築会社や仲介業者など、困った時に頼れるパートナーを作っておくことが、家づくりで失敗しないためのポイントです。

 

□まとめ

今回は、家づくりの進め方や失敗しないためのポイントについてご説明しました。
当社では、新築物件の施工はもちろん、リフォームや下水工事なども承っております。
長野市周辺で住宅購入をお考えの方は、いつでも当社までご相談ください。