注文住宅のキッチンで悩まれている方必見!キッチンの決め方について解説します!

注文住宅の間取り決めで悩まれることの多いキッチン。
頻繁に使用する場所だからこそ、設備や間取りで失敗したくないですよね。
今回は、住宅のキッチンの決め方、そしておすすめの間取りについて見ていきましょう。

 

□キッチンの決め方はどのようにすればいい?

施工を依頼する業者によっては、好みのシステムキッチンの設置ができない場合があります。
そのような背景から、あらかじめ決められたキッチンから設置するものを選ぶ「セミオーダー式」が多く見られます。
住宅購入の際は、どのような決め方なのか事前に調べておきましょう。
では、キッチンを決めるポイントについて見ていきます。

まず、IHコンロとガスコンロのどちらにするかを決めましょう。
これによって、キッチンの方向性が異なります。
最近では、安全面などを考慮してIHコンロを選択される方が多くなってきています。
ただし、火力や初期費用を抑えたいのであれば、ガスコンロの方が良いでしょう。

次に、キッチンの種類を決めましょう。
キッチンには「アイランドキッチン」「壁付きキッチン」「対面キッチン」など様々な種類があります。
また、L型にするのかI型にするのかといった選択肢もあります。
このようにキッチンは種類が豊富であり、それぞれに特徴やメリット、デメリットが存在するため、ご自身の使い方に合った種類を選びましょう。

 

□キッチンの間取りについてご紹介!

ここからは、キッチンの間取りについてさらに詳しくご紹介します。
先ほどもご紹介した通り、キッチンにはL型とI型があります。
料理時の移動の少なさで考えると、L型の方が同じ場所で作業しやすくなるでしょう。

また、対面キッチンではくっつける壁の面積によって、どのくらい収納スペースを設けられるのかが決まります。
収納に関しては、アイランドキッチンで「後悔した」という声が多く挙がります。
なぜなら、アイランドキッチンは壁と接している部分が少なく、収納スペースを設けづらいからです。

そして、アイランドキッチンではリビングやダイニングとの境目も分かりづらくなり、食べ物の匂いや料理する時の音がリビングにも影響しやすいでしょう。
そのため、収納や匂いなどを気にされるのであれば、対面型か壁付きを選ぶべきかもしれません。

 

□まとめ

長野市周辺で注文住宅をお考えの方に向けて、住宅のキッチンの決め方や間取りについてご紹介しました。
キッチンはほぼ毎日使うため、できる限り失敗はしたくないですね。
そのため、まずはご自身がどのような使い方をするのか、どんな機能があれば便利なのかをしっかりと把握しておきましょう。
キッチンで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。